Bio

Genzo Okabe

Genzo Okabe

Born in Tokyo, Genzo moved to Italy at the age of twenty, where he studied classical saxophone at the Conservatorio di Musica di Perugia and jazz saxophone at the Conservatorio di Musica “Santa Cecilia” di Roma. Moving to the Netherlands, he founded the Okabe Family in 2009. In his first album as a leader, Okabe Family (OAP Records, 2013), he demonstrated his insights in composition and arrangements as well as unique sense of creativity. His polished skill of performance was presented both in the Netherlands and through the Band’s first Japan tour. Having accomplished his master’s degree in Jazz Saxophone at the Koninklijk Conservatorium in The Hague in 2014, Genzo re-interpreted and incorporated the essence of old pre-jazz music into new contemporary sound in his second album, Second Line.

Genzo plays a Gottsu Sepia Tone VI Marble mouthpiece.

 

岡部源蔵 – 作曲家・アルトサックス奏者

東京出身。幼少時からクラシックピアノをはじめ、15歳のときにサックスと出会う。その頃よりジャズや電子音楽に傾倒し、20歳の時にイタリア・ローマに留学。ペルージャ国立音楽院クラシックサックス科を卒業後、ローマ国立音楽院のジャズ科に進学、現地でライブやスタジオ録音などの音楽活動を行う。ジャズミュージシャンとしてのさらなる飛躍を求め、2008年に拠点をヨーロッパにおけるジャズの中心地オランダに移す。2009年に結成したバンドOKABE FAMILYでは、自ら作曲・編曲をすべて手がけている。ファーストアルバム「OKABE FAMILY」(OAP Records, 2013)では確かな音楽的知識に裏付けられた作曲・編曲力と音楽センスをいかんなく発揮した。高度な演奏技術に支えられた圧倒的なライブパフォーマンスでオランダ・日本両国でのCD発表ツアーを成功させ、日本のジャズ界からも高い評価を得る。2014年ハーグ王立音楽院ジャズサックス科マスター課程を修了。ビバップ以前の“古き良き”ジャズの現代的再解釈に取り組んだマスター・リサーチをもとに、セカンドアルバム「Second Line」を発表。

使用マウスピース – Gottsu Mouthpiece ‘Sepia Tone VI Marble N.6’

 

Works:

Okabe Family “Disoriental” (2017)


Okabe Family “Second Line” (2014)

Second Line

Okabe Family “OKABE FAMILY” (2013)

CD cover Okabe family

Capolinea “Gente Alegra” (2007)

gentealegra

Capolinea “Vietato Parlare” (2004)

Vietato Parlare (2004)